リロケーションの仕組

 

「リロケーション」とは英語で移転や配置転換の意味があり、転勤等で自分の住宅に住めない期間、その住宅を賃貸として貸し出すことをいいます。リロケーションサービスはアメリカで生まれた産業で、本来は転勤等に伴って生じる手続き全般をサポートするサービスのことです。例えば引越しやビザの取得、航空券の手配、自宅の売却や購入、学校探しなどがあります。

アメリカでは一般的に転勤の際、持ち家は売却し新たに購入することが多いため、売買や税金関係の大変な手続きをサポートするサービスが必要とされるのです。日本で「リロケーション」と呼ばれるものはアメリカで意味するものとは大きく異なり、自宅を賃貸にすることだけを呼びます。以前は借主の保護のため、一度貸すと持ち主の都合だけで家の返却を求めることはできなかったため、一定期間だけ住宅を賃貸にすることはありませんでした。

法律の改正で2000年には転勤者が期限を決めて自宅を賃貸にすることができるようになったため、この産業が発達しました。通常マイホームを購入するとローンが発生しますが、転勤等で他の土地に住む場合、家賃とローンが二重に発生してしまいます。この負担を減らすため、マイホームを一時的に賃貸として利用してもらい、再びマイホームで暮らすまでの間家賃収入を得るのです。しかし、不動産の法律に詳しくないオーナーと借主の間でのトラブルも増えているため注意が必要です。そんなトラブルを解消すべく、現在ではリロケーションを専門に扱う業者も出てきており市場が拡大しています。

○注目サイト
リロケーションを専門に扱う業者に対して一括で見積もり依頼が出せるサイトです・・・リロケーション専門業者

 

Copyright © 2014 リロケーションの利用 All Rights Reserved.